トイレの排水管やタンク周辺から水漏れしているケースの対策

■トイレの中で水漏れを起こす場所は

日常生活に欠かせないトイレで水漏れが起きれば、使えなくなるだけではすみません。生活している中で、トイレを使わない日はありえないでしょう。生命活動としてみても、トイレは大事な場所です。壊れてしまえば大きな問題を生み出すため、トラブルはできるだけ早く解決していかなければいけません。
何気なく見たときに、水漏れしている状況に気がつく場合があります。便器の隙間から床が濡れている状況やタンクから便器の中に流れているときには、すぐに修理をはじめなければいけない状態です。使用頻度の高さからも、こうした細かな故障が起きやすい場所ともいえます。
自分で直すべきか判断に困る場合もありますが、線引きをしておくことも必要でしょう。水漏れが大量で多く、勢いがある場合などは業者のほうが良いです。また、床に接している部分を含め、便器にひび割れなどがある場合にも、修理は難しい状態です。排水管の問題も出てくると、便器を外さなければ直すことができません。どこから漏れてきているのかわからない場合も、知識が必要となるため業者に連絡しなければなりません。修理すべき箇所もはっきりしないため、業者に依頼したほうが確実に直せます。無理をして被害を拡大させてしまう前に決断することが大切です。
こうした問題を防ぐためには、各部品に負担がかかる前に、定期的に点検して部品に問題がないか確認しておく必要があります。ナットなどの部品は掃除するときなどに緩みを見てみるといいでしょう。これだけでも、水漏れがいきなり発生する予防につながります。

■ナットを締めるだけで直るケース

床に水漏れを見つけたときは、どこから漏れているのかわからないときもあります。排水管は、床下に取り付けられている場合と、背面に設計されている場合があり、どちらになっているのかで問題点が異なります。床下にある場合には、排水管本体が見えません。
排水管にはパッキンが取り付けられており、漏れ防止に使われています。簡単に漏れだしたりしないようにしてありますが、経年劣化によっていつかは限界を迎えるため交換しなければいけません。交換するためには、いったん便器を解体する必要がありますが、これは大変手間がかかります。重いだけではなく、水の処理をして的確に解体しなければいけません。業者の修理領域にはなりますが、まずはナットが緩んでいるかどうかの確認してみるといいでしょう。手で触ってみて緩んでいると感じたら、ここに問題が隠れています。ナットは締め付ければ二度と緩まないように見えますが、これは違います。わずかな振動を受け続けたりすると、自然と緩みが出てしまう場合があるためです。排水管との取り合いになる床付近は、普段から触ったりすることのない場所のため緩みなどに気がつきにくい可能性があります。見つけたときにはモンキーレンチがあれば締め付けられるため、ゆっくりと力を入れて締め付けるだけで直るときもあるので、水漏れを見つけたときには試してみるべきです。
注意しなければいけないのは、締める力加減です。勘違いしている人もいるのが、ナットを力いっぱい締めればいいという誤解です。ナットには適切な力があり、それ以上で占めるとねじ切ってしまいます。パイプにも余計な圧力がかかってしまいます。逆流するといった危険性も生まれるため、ゆっくりと締めて様子を見ることが大切です。これでも直らない場合には、業者に相談するべきです。

■結露で濡れている状況がある
タンクには多くの水を貯めこんでいるため、わずかな問題でも大きな被害を生み出してしまいます。タンクの下部には便器本体につながっていく配管もあります。大量に漏れているときには、手が出せるものではないケースが大半で、止水栓を閉めて専門業者に依頼するのが確実ですが、床に流れている量が少ない時には、いろいろと確認しなければいけません。
大事なポイントが結露です。温度差によって空気中の水分が飽和してしまい水に変わって付着する現象です。暖かい水蒸気が冷たく冷やされると、水蒸気として保てなくなり発生しますが、この現象は窓ガラスだけに起こるものではありません。トイレでも十分に起こる可能性があります。
トイレのパイプや便器は、水が流れるために冷やされやすい状態です。暖かい湿った空気が流れ込んでいると、結露して濡れたようになることがあります。予防としてはまず換気をしっかりとします。これだけで温度差が少なくなるため、結露しにくい状況を作れます。換気扇にフィルターが取り付けられている場合には、フィルターが交換されているかチェックが必要です。そもそも湿度が下がれば結露しないため、除湿剤や除湿器をセットしてみるのも対策方法の一つです。これで解決できるのであれば、専門業者に依頼する必要はありません。
水漏れを起こせば、必ずどこかに被害を生じます。結露対策を含め、どこに問題があるのか確認する必要があるでしょう。その問題点から、自分で対策をするべきか、それとも業者に直してもらうべきかを決めることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ