テープを使った水漏れしている給水管や排水管への応急措置法

■水漏れは応急処置で被害をおさえられる

配管や排水管から水漏れが起きたなら、まずは原因となっている箇所を見極めて、可能であれば応急処置を行いましょう。水道修理業者を呼んだとしても、すぐに来てあっという間に修理を終わらせてくれるわけではありません。そもそも呼ぶ業者について時間をかけて吟味する必要がありますし、いざ電話をかけた後も時間帯や時期によっては業者の到着までに時間がかかることもあります。特に年末年始や長期休暇の前後は依頼が集中しやすいため、対応が遅れてしまうことも少なくありません。
業者を決めていたり業者の到着を待っていたりする間、ただ水が漏れるままにしてしまうと被害はどんどん広がっていきます。自力で行える応急処置方法を覚えておけば、実際に修理が行われるまでの間に起こる被害を最小限にすることができるでしょう。水回りの応急処置というと難しいように感じてしまう方がいるかもしれませんが、大抵の場合は非常にシンプルな作業で済みます。ただし、あらかじめ道具を用意しておく必要があるため、それだけは購入しておかなければなりません。そこさえ除けば、DIYとも呼ばないほど簡易な作業で済みます。

■どこから水漏れしているか見極め、排水管なら流し切る

応急処置は、まずどこから水漏れしているのかを見極めることから始まります。ここで選択肢にあがってくるのは使う水を運んでくる給水管と、逆に使った水を外に出す排水管です。給水管は要するに水道管と呼ばれるもので、高い圧力をかけて水送ってきているため、物理的に破損してしまうと水が漏れます。排水管には圧力はかかっておらず、使った水が上から下へと自然に流れていくしくみです。流れる水は生活で使用した汚れたものですので、どうしても部品が汚染や腐食されやすい傾向があります。また、油やゼラチンなどが管につまることも少なくありません。大抵の場合、こういった腐食やつまりが排水管からの漏れを引き起こしています。
もし給水管、排水管ともに異常がないのに水漏れが起きている場合、天井や壁の中の管が破損している可能性があります。これらについては専門家でないと手の出しようがないため、速やかに水道修理業者に連絡を入れましょう。給水管か排水管が原因だとわかったのなら、それぞれに応じた応急処置で漏れを一時的におさえられます。排水管から水漏れしているのなら、対処法は非常に簡単です。使った水を流す部分から漏れているのですから、水を使わなければそもそも漏れる水が流れてきません。漏れを起こしている場所の水を使わないようにしましょう。使っていない時に水が流れてくることもありますが、これは溜まっていた水が漏れているものですので、バケツで受け止めておけばそのうち止まります。破損した管から垂れてくる水滴が気になるなら、配管を補修するためのテープで巻いておきましょう。補修用のテープはホームセンターで購入できます。

■給水管の水漏れは元栓を閉めてテープで止める
給水管は水に圧力をかけて引き出しているため、排水管とは異なり蛇口を使っていなくても漏れ続けてしまいます。そのため、給水管が水を送ってこないように水の元栓を閉める必要があります。トイレやキッチンなどは給水管に止水栓という別の栓がついており、こちらを閉めることでも水を止めることが可能です。しかし、栓を閉めて水の供給を止めても、管にまだ残っている水は流れ続けるでしょう。こちらは給水管の破損箇所をテープで止めて対処します。基本的にはテープでぐるぐると巻くだけで大丈夫なのですが、テープの種類によっては使用法がやや異なりますので、あらかじめ商品の説明をよく読んでおきましょう。ただし、破損の状況次第ではテープで止めても水が漏れてきます。この場合はさらに雑巾やバケツを漏れている箇所の下に置いて水を受けます。こうしておけばそのうちに管から水がなくなり、漏れもおさまるはずです。
なお、水漏れの応急処置に使えるテープは自己融着タイプ、防水補修タイプ、水道用ラップタイプと大まかにわけて3種類に分類されます。自己融着タイプは接着剤などが一切使用されておらず、テープ同士がかさなった部分だけが接着されるしくみです。防水補修タイプは一般的なテープの防水仕様といった商品で、接着剤のついたテープを剥離紙からとって使用します。配管補修タイプは特にナットなどが使われた接続部の処置に向いているタイプで、自己融着タイプと同じくテープが重なった部分以外は接着されません。
水漏れ補修用のテープはタイプや長さ、太さによって値段が大きくわかれます。高いものが必ず効果的とは限りませんので、商品説明などに記載されている漏れの対応範囲や使える部位などをしっかり確認しておくことが大切です。テープを備えておくのはやや手間ではありますが、準備しておいた効果はいざ水漏れが起きた時に実感できるでしょう。また、テープを買っておくことでとっさの時に焦らず対応できるという心理的効果も期待できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ