タンクと排水管の水漏れのリスク

■貯水タンクの漏水の原因

使用時に視界に入るトイレタンクと、日常存在を意識しない、集合住宅の貯水タンクなどの共用施設では、水漏れのリスクに対する私たちの意識は大きく異なります。とりわけ後者の大きな施設に関しては、普段その存在を目にすることもなく、管理に関しては管理会社に一任している施設であり、存在自体を認識していない方もみられます。ですがこの貯水タンクが正常に作動していなければ、居住者の安全かつ快適な日常生活を維持することはできません。高層階へ綺麗な水道水を届ける上で不可欠な設備であり、汚損や破損が生じてはならない重要施設です。
定期的に業者による検査が実施されていますが、それも半年もしくは1年単位であり、その間に異変が生じてしまった場合、居住者がその兆候を察知する必要があります。台風や地震などの天災に遭遇した直後など、本体や関連施設のトラブルのリスクが見過ごせません。とりわけ屋上の貯水槽周辺で水漏れが生じていた場合、後日ある瞬間に、一気に大きな被害が生じ兼ねず、早期チェックが不可欠です。
屋上に漏れて溜まった水道水自体は綺麗な水ですが、時間の経過と共に汚水へと変質しつつ、その量を増やし続けます。僅かでも低い場所に流れる水の特性上、池のような状態となり、亀裂などの僅かな隙間から、最上階の部屋や廊下の天井裏へと移動を続けます。これがある日突然に一気に降り注ぐ漏水事故は、建物の新旧を問わず発生が報告されている事例のひとつです。日常居住者は立ち入ることのできない屋上施設のトラブルは、検査担当者が足を運ぶ、もしくはより高い位置から目視確認しない限り、発見できなくて当然です。
漏水の絶対量が多いため、一旦こうした事態が生じれば、タンクの補修に伴う断水が続くなど、建物全体への悪影響が避けられません。こうしたリスクを回避する上でも、リスクが想定される場面では、管理会社に積極的に確認作業を促すなど、自衛対策と行動が求められます。

■排水管の漏水を招く原因

建物の設計上、太い排水管が建物の壁の外側に沿うように設置されているケースも多く、経年劣化や外部からの衝撃による破損に対する注意が必要です。とりわけ台風や強風による結合部の緩みや、外から飛んできた物体による破損など、普段では想定外のアクシデントのリスクが高まるのが、台風や地震に遭遇したタイミングです。設備が大きく大量の下水が管内を流れる施設の場合、万一頭上から降り注いだ場合、その被害は甚大なものとなり兼ねません。落下による水の衝撃も大きく、ケガや駐車中の車の破損につながるなど、二次的なトラブルを誘発する可能性もあります。
こうしたリスクをいち早く察知し、速やかに専門業者に連絡の上、適切な早期処置を施す対応が必須です。ただし地域密着スタイルの店舗型業者の場合、こうした状況下では、依頼が殺到してしまい、迅速な対応が望めない可能性が高く、迅速出張対応で評判の専門業者への相談がおすすめです。年中無休で各担当エリア全域へ急行するフットワークと、電話応対による適切なアドバイスが心強い、高品質の対応が魅力です。
一方で目視確認できるトイレタンクや排水管の漏水に関しては、不具合を察知しつつ、そのまま同様に使い続けた結果、状況を悪化させてしまうケースが多くあります。滲み出る程度の僅かな水漏れや、送水時の異音などに気づきながらも、なんとなくその状態を当たり前と捉えてしまい、大きなトラブルを招いてしまうこともあります。自己管理施設内でのトラブルで、隣接する他の部屋の第三者に迷惑をかけてしまえば、責任問題も大きくなってしまいます。あらゆる水のトラブルを軽視せず、まずは専門業者に相談するところから、総合的な安全確保に着手する姿勢が大切です。

■専門業者の定期点検が必要な理由
タンクや排水管を含めた水回り施設は、私たちが想定している以上の過酷な環境下で、休むことなく水流を受け止め続けています。どれだけ最新技術を用いた強度強化が施されていたとしても、時間の経過と共に錆が生じ、傷ついた箇所が亀裂につながり、接合部が緩みを生じ始めることになります。こうした微々たる変化を早い段階で見極めるには、専門的な知識とスキルを備えたプロフェッショナルによる定期点検が必要です。とりわけ巨大な貯水タンクなど、入居者の安全な日常生活に不可欠な施設の場合、徹底した実施が不可欠です。
一方で一戸建ての自己管理物件の場合、管理責任者である自身の判断でリスクを未然に回避しなければなりません。そして不運にもトラブルの当事者となってしまった場合には、被害を最小限に抑え、確実に復旧させるべく、水のトラブル解決で確かな実績を誇る、専門業者への早期連絡が欠かせません。
定期点検がないがしろになっていたり、万一の際に直ぐに連絡できる専門業者が見当たらないなど、不適切かつ不十分なリスク管理状況では、時を選ばぬ水のトラブルに対する備えが十分とは言えません。この機会に全幅の信頼を寄せられる専門業者を探しておき、家族あるいは関係者間で情報共有しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ