新築でも起きる排水管からの水漏れ

■初期不良のすき間ができている可能性

水漏れが起こってしまうと、さまざまな部材が影響を受けます。これは新築でも変わりません。特に排水管から水漏れしてしまうと、臭いが出る可能性もありますし、害虫などの被害も考慮する必要が出てきます。
新築の場合、排水管が劣化してしまい水漏れする可能性は、ほとんどありません。建て替えたとしても、古い住宅から流用するといったことはないためです。新品の部材を使っていきますが、その条件の中でも水漏れする可能性はゼロではありません。
水の特性として、ほんのわずかなすき間ができても漏れてくる可能性があります。そのため、いくら設備が新しく建てたばかりであっても、このすき間ができないとは限りません。すぐに水漏れに気が付けば被害は抑えられますが、一般の住宅同様に気が付くのが遅れやすいのは、大半が壁の中や床下など普段見えない場所に設置されているからです。
すき間ができてしまう理由はいくつもありますが、施工時に気が付いていなかったというのが大きな理由の一つです。通常であれば建築期間中に漏水箇所がないか検査を行いますが、ごくまれに検査時に発覚しない場合もあります。検査時には水漏れが起きるほどではなかった箇所が、実際に使い始めてみたらすき間が徐々に広がり、水漏れにつながる可能性があるからです。いくら注意していても、初期の不良というのはゼロにできるわけではありません。そのわずかな部分から漏れてくると、どうしても大きなトラブルへと発展してしまいます。新築だから大丈夫と思うのではなく、新しく建てたからこそ、はじめのうちは何か問題が出ていないのか、これから先長く住むためにも、チェックするのが大切です。

■音や臭いの異変を見逃さない

新築では、既存の住宅と比較してトラブルは起きないという安心感があります。排水管などのトラブルとしても、早々は起きないという油断が問題です。住み続けている住宅で、これまであまり聞いたことのない水が落ちる音がすれば、異常があるサインです。ところが、新築では住んでいる期間が短いため、異音を聞き逃してしまう可能性も出てきます。普段の生活の音にも馴染んでいないため、どれが異音なのか判別しにくい部分もあります。また、そのような異常が出ないものと思い込んでいるところも発見を遅らせるポイントです。
サインとして重要なのは、本来濡れたりしない部分に変化が出たときもあります。壁が濡れているといったときには、内部の配管に問題があることが考えられます。ほんのわずかに漏れてきているときでも見逃さずに気が付けば、早期の点検修理に入れる可能性が出てきます。
新築特有の匂いの中に、水の臭いが混じっているときも要注意です。排水管から水漏れしているときには、かなりの悪臭が混じります。しかし、建物が新しいと、排水管内部に異物の付着が少なく、そこまでの悪臭が漂わないこともあります。それでも漏れだしている状態なら、なんらかの水の臭いが混ざってきます。この臭いに気が付けば早めに対応ができるでしょう。実際に床下などで漏れていれば、異臭のもととなるカビなどの発生も出てきます。異変として気が付ける条件がいろいろとあるはずです。新築だから水漏れなどは起きらないと考えず、変化が出たときにはできるだけ早い対応を心掛けるようにし、水のトラブルになるべく早く対応しましょう。

■変化があったら早く対処する
新しく建てた状況で、水漏れしている状況を考えてみなければいけません。排水管はさまざまなところを通っていますが、ここから漏れだしてしまえば、新しい部材も濡らしてしまう状況です。どんなに新しいものでも水に濡れたりすれば、そのまま膨張したり、腐食が進んだりします。カビが生えたりさびが出たりもしますが、その分だけ部材の寿命を縮めてしまう条件です。雨でぬれるのとは意味が違います。本来濡れては困るようなところは、雨が当たらないような工夫をしますが、配管の周りから漏れるケースは考慮されていません。そうした場所で水漏れを起こせば、当然建物としての寿命が短くなってしまうでしょう。
新築の場合には、保証がついているのが大半です。初期の不良として何かが起きた場合には、瑕疵担保責任などにより無償で対処してくれることが多くなります。変化を見逃してしまい時間が経つと、その保証も受けられない可能性があるため、時間との勝負といった面もあるでしょう。
住み始めたときには、なかなか床下をのぞいたりする機会はあまりありません。壁の内部や床下の状態なども考慮しにくい部分です。新築だからこそ、これから先に影響がないようにチェックしておくと安心です。難しいチェックなどをするのではなく、簡単なところからでも調べておくようにするだけでも定期的に行えば早期発見になります。
なにか疑いがあるときには、建築会社に調査してもらうのも大切です。新築では起きてもらって困る事態です。わずかな変化でも見つけたときには、早めに対処していきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ