作業の場所も狭い洗面台の排水管の水漏れの修理

■発見が遅れやすい洗面台の水漏れ

水漏れなどのトラブルに気がつくのは、日常とは違う異変を感じたときです。例えば、足元が濡れている場合です。洗面台付近が濡れている時は、排水管にトラブルが起きている可能性が考えられます。
洗面台で多量の水漏れが起こるケースは、排水管よりも給水管のトラブルのほうです。水が吹き出すような状況もありますし、蛇口がうまく閉まらずに漏れ出す場合もあるでしょう。これらのトラブルは目の前で起きるためすぐに判明しますが、排水管の場合は使っているタイミングで静かに漏れてくるため、発見しにくいと言えます。足元が濡れてきていることに気付いたときは、問題はかなり深刻な状況となっています。いつもより湿度が高いと感じた時点で何かしらの対応が出来れば、被害は最小限に抑えられるはずです。
湿度の変化など異変を感じたときには、まず洗面台の下を調べてみる必要があります。収納庫になっている場合が多く、ものが多く収納されていると原因が見つけにくい状況です。さらに排水管の場合には、使っていないとどこから漏れているのか判断がしにくくなります。排水管は、常に水が供給されている状態ではないためです。排水管に原因があるかどうかを判断するために、まずは水を流してみましょう。水を少しずつ流してみて、もし漏れている箇所を発見したらすぐに対処しなければいけません。たとえ少量の漏れであっても、時間と共に周辺に大きなダメージを与えていくためです。

■隙間は水漏れの大きな原因

排水管から水が漏れてくる原因は、複数存在します。単純で見つけやすいものとしては、排水管自体が破損しているケースです。たとえ少しのひび割れであったとしても、使われた排水がその隙間から漏れだしてきます。発見は容易ですが、修理は簡単ではありません。破損している配管自体を新しいものに交換する必要があるためです。破損個所に補修テープなどを巻き付けておく方法もありますが、あくまで応急処置であり根本的な解決にはなりません。管内部でなにかしらの問題が起こって破損した可能性もあるでしょうし、配管自体が老朽化している場合なども考えられますが外側からは判別がつかない以上、交換するのが適切な方法です。
排水管がいくつもの部品で構成されていることも、水漏れの原因のひとつです。配管の途中には、臭いや害虫対策のために様々なトラップが取り付けられています。排水管は、使った水を下水本管まで導いていきますが、臭いや害虫などが逆流してくるのを防ぐために、封水という構造をとっているのが一般的です。排水経路の途中に水を溜めておき、その水が蓋代わりになるという構造ですが、そのために必要なのがトラップです。様々な型があり欠かせない構造ですが、単純な直線状の配管ではないため、それぞれを接続するための箇所がどうしても増えていきます。接続箇所が増えれば、隙間ができる可能性も増すため、さまざまな処置で塞ぐ必要があります。ほんのわずかな隙間からでも水は漏れ出してしまうため、防止策としてパッキンやシールテープが使われます。これらは消耗品のひとつであり、劣化してしまえば交換しなければいけません。

■交換には力加減も大切
パッキンなどの消耗品が水漏れの原因である場合は交換が必要ですが、簡単で単純な作業ではありません。配管を外してから問題のある部分を交換していきますが、その際ナットなどを取り外しながら作業を進めることになります。内部に溜まっている水が作業中不意に流れ出すこともあるため、水を受ける準備も万全にしておかなければいけません。
自分で作業する場合には、被害が拡大しないようにする必要があります。床にはビニールシートを引き、水が受けられるようにバケツも用意します。周りにも濡れている部分があるなら、バスタオルなども用意しておくと安心です。空間的にも大きな場所ではないため、収納しているものは外に出し、身体がぶつかったりしないようにするのも大切です。ナットを外す場合には工具が必要になりますが、狭い場所での作業になることを考えて事前にすべてを手元に用意し、出入りの回数を減らすようにしましょう。
注意点として、ナットなどを外すときは力を入れますが、閉めるときには適切な力加減が必要です。必要以上に力を入れて締めてしまうと、破損してしまうことがあります。最悪のケースとして、ねじ山をねじ切ってしまった場合は新しいものに交換しなければいけなくなり、損害がさらに拡大するため、力加減には十分に注意が必要です。
部品の交換をするときには、必ず同じタイプのものを使いましょう。厚みや長さなども注意しておかなければあとから問題が出てくる場合もあるので、サイズ選びの際は十分に注意しなければいけません。交換にはいろいろと注意点も多く、狭い空間での作業となることも考えれば、業者に修理を依頼する方法も検討するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ