水漏れ修理の際に給排水管のシリコンコーキングは剥がさない

■シリコンコーキングを剥がすべきではない理由

給排水管の破損を修理するためのDIYとして流行しているシリコンを利用したコーキングですが、一度施したコーキングは剥がしてはいけません。もちろんコーキングそのものにも寿命があるため、いつかは修理した部位から再び水漏れが起こるでしょう。しかし、その際はコーキングを剥がして再度施工するのではなく、水道修理業者を呼ぶべきです。
基本的にコーキングは塗布するより剥がすほうが難しいとされています。剥がし方としてはカッターでコーキングの両端に切れ目を入れてから、端を掴んで引っ張る方法が主流です。しかし、この工程は高い技術力を要求されるもので、コーキングの除去は専門家でも慎重に行う施工とされています。大きな理由としては、コーキング材の持つ高い接着力があげられるでしょう。この接着力があるからこそ給排水管の修理に利用できたのですが、逆に剥がす際はこの接着力がネックとなります。カッターで切れ目を入れる際にはコーキングの端と端にしっかり沿わせて切らないと、端の部分が張り付いたまま残ってしまうでしょう。この残りカスはスクレーパーと呼ばれる専用のヘラで剥がすのですが、きれいにしあげるためにはかなりの手間と労力を要します。また、場所によっては残りカスがすきまに入りこんでしまい剥がすのが困難になる可能性もあります。
さらに、コーキング材を引っ張って剥がしていく際にも、一部が残ることがあります。このように、一度塗布し終えたコーキング材を剥がすのは容易ではないため、その手間をかけるより水道修理業者を呼んだほうがよいことも多いはずです。

■一度剥がした箇所への再コーキングは難しい

コーキングを剥がしたところに再びコーキングを施すことによって、水漏れを押さえることができます。しかし、一度剥がした部分にコーキングを再度塗ることもまた難しく、コーキングしたのにもかかわらず水漏れが止まらないような事態を引き起こしかねません。これは、コーキングを行う際には塗布部分のほこりなどがきれいに取り除かれている必要があるのにもかかわらず、前回のコーキング材が除去しきれず残っている可能性が高いからです。すると新しく塗ったコーキング材と給排水管との間に残った以前のコーキング材がはさまってしまい、そこから水漏れが再発してしまいます。
前回のコーキング材という障害物が増えている分、一回目のコーキングよりも難度が大きく増しているのです。そして、二回目のコーキングが失敗したからといってこれを剥がしにかかれば、残留するコーキング材の量はさらに増えるでしょう。こうなってしまうと、いくら繰り返しても修理は成功しません。スクレーパーなどを使ってコーキングを剥がす作業は地道で、なおかつ力のかかる工程です。そのため、ふとした時にスクレーパーがすべって、コーキングを剥がしている部品や他の部品を傷つけてしまう危険性があります。二回目のコーキングで水漏れをおさえられなかったのなら、水道修理業者に修理を依頼する方針に切り替えましょう。

■無理に剥がすと部品を破損させてしまう
壁など直線で構成されている部位なら危険性もまだ小さいのですが、給排水管は丸みを帯びている部分が多く、スクレーパーがすべる危険がつねにつきまといます。また、金属製のスクレーパーの角が勢いよく体に当たれば怪我をすることもあります。そのうえ、給排水管のコーキングを剥がす作業は、腕を動かすためのスペースが十分に用意されていなかったり、無理な姿勢を保たなければいけなかったりと素人が取り組むにはややハードルの高い環境です。特にDIYに慣れていない方などは、体を変に疲れさせてしまう、ひねって痛めてしまうといったリスクも考えられます。こういった点でも、コーキングを剥がすのはおすすめできません。
また、加入している火災保険によっては、水漏れによって生じた家財や建物への被害を補償してもらえるのですが、剥がす過程で部品をひどく傷つけていた場合、故意に引き起こした水漏れとみなされて保険金が下りないケースもあります。コーキング修理だけでも保険会社の判断材料とされることがあるのですから、そこからさらに部品を破損させていれば心象はあまり良くないものとなってしまうでしょう。もし集合住宅で水漏れを起こし、その被害が別の部屋にまで及んだ場合、保険が下りないと一大事です。これはコーキングだけに限った話ではありませんので、集合住宅においては水回りの修理にはより一層の注意を払う必要があります。保険に関するリスクは、そもそもコーキング修理そのものにつきまとうものですが、修理を一回だけに留めておけばまだリスクを小さく抑えられます。このように、一度行ったコーキングを剥がしての修理は手間とリスクばかりが高く、あまり現実的とは言えません。専門家への依頼を検討することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ