水漏れした給排水管に二重コーティングを施す新技術ダブルライニング

■二重コーティングを可能としたダブルライニング

排水管の内側を研磨によってクリーニングしてから樹脂などでコーティングして錆や汚れを防ぐライニング工法は、水漏れなどのトラブルを解消しながら次のトラブルを防止する施工として高い人気をほこっています。しかし難点の一つとして、一度ライニングを行うと十年以上間を空けないと再度のライニングが行えず、その十年の間に効果が薄まってしまう点がありました。その間は通常のメンテナンスやクリーニングで対処する他になかったのです。
しかし、技術の進歩によって給排水管へのコーティング効果を十年以上保たせるダブルライニング工法が開発され、現在注目を集めています。さらに、一度ライニングを行った管でもダブルライニング工法であれば再度のライニングが可能です。このダブルライニング工法を利用すれば、コーティング効果が薄れ管そのもののがダメージや腐食を受けやすい期間をほぼ作ることなく、つねに管が保護された状態を維持できるでしょう。
また、配管から三十年、四十年と経過した消耗の大きい管にも施工でき、通常のライニングのように研磨で穴を空けてしまうことなく再生させられます。このように、ダブルライニング工法はライニング工法より一歩進んだ、新時代のライニングとも言える工法です。なお、ダブルライニング工法の効果の十年保証は建築保全センターにも認められています。

■ダブルライニング工法とはどのようなものなのか

ライニング工法では塗料を塗布する前に配管内をクリーニングする際、一方向からのみ研磨を行っていましたが、ダブルライニング工法ではこの研磨を二方向から行います。こうすることで、片方からの研磨だけでは取り除きにくい錆や汚れを確実に取り除き、コーティングの質を高めるというしくみです。研磨が終わった後に、研磨状態を確認するためにスィーパーボールと呼ばれる球を管に流し、出てきたボールの汚れ具合やダメージから研磨の完成度を確認します。研磨がしっかりと完了していれば、ボールはほぼ汚れることなく排出されるのです。
ボールによる確認で問題が検出されなければ、いよいよコーティングが行われます。ダブルライニングでは一回目の下塗りで生じてしまう細かな穴を二回目の上塗りで塞ぐように塗られる二回塗りという工法が採用されており、これによりコーティングの穴に錆や汚れなど水漏れの原因が生まれてしまう余地をなくしているのです。この二回塗りこそダブルライニングがライニングよりも進歩した部分であり、ダブルライニングの問題点を克服した証明と言えるでしょう。さらに、二回塗りが終わった後もボールを管に通す形での塗装を行います。これによって管の曲がり角などのムラが出やすい箇所にも等しく塗料を塗布しつつ、過剰に塗られた塗料をボールに貼り付けて排出させるのです。
ここまで完了したら、最後に水栓口から別の水栓口へ向けてさらに塗料を注入し、水栓口から塗料が出てくることを確認することで徹底的に塗り残しをなくします。このように繰り返し塗料の塗り具合をチェックすることで、塗り残しやムラを排除し、すべての部位に対して等しくコーティング効果が行きわたるしくみです。

■ダブルライニング工法の普及率と実際
ダブルライニング工法はまだ新しい技術ということもあり、すべての水道修理業者が行える工法ではありません。しかしその有用性には多くの業者が着目しており、多くの業者が導入を始めています。ただし、使用する塗料の混合比率や二度塗りの技術など、多くの点で業者の技術力が求められる工法であることから、それなりの技術力を有した業者の導入がより盛んです。逆に考えると、ダブルライニング工法を取り扱っている業者はある程度の技術力を備えていると判断できるでしょう。
また、新技術ということもあり安全性が不安視されることもありますが、建築保全センターではダブルライニング工法の完了後に、水質が水道法の基準を満たしているかどうか確認する義務を定めています。この点を踏まえると、水質においてもある程度の信頼がおける技術と言えるでしょう。ただし、ダブルライニング工法はコーティング塗料の塗布を繰り返し行う関係上、大抵の場合三日ほどの施工期間を必要とします。ライニング期間と比べるとやや長い期間を要するため、この点は注意が必要です。
また、施工費用についても業者とよく相談する必要があります。施工期間が長くなるということはそれだけ労務費がかかるということであり、なおかつ二重にコーティングを行ったうえでその完成度を繰り返し確認する工程にはどうしても多くの費用が発生します。予算や排水管の状態によってはライニング工法を選ぶという手もありますが、この点については管の状態も含めてケースバイケースとなるため、どちらの工法を選ぶにしても、排水管や水漏れの状態を把握して業者とよく話し合っておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ