マンションで排水管の水漏れトラブルが起きたときの対処法

■集合住宅の水漏れ原因はどこにあるのか

水漏れトラブルは戸建てだけでなく、マンションのような集合住宅でも起こります。集合住宅の大変なところは、自分の部屋で水のトラブルが起きたときはほかの部屋に被害が広がる可能性があること、その逆も考えられることです。また、建物自体に問題があるケースも報告されているので、マンションやアパートで暮らしている方は万が一に備えて集合住宅に関する水のトラブル情報をチェックしておきましょう。
まず、部屋の住人に原因があった場合です。例えば、バスルームの湯船にお湯を貯めようと思ったらお湯が溢れてしまったケースです。排水管の中で詰まりトラブルが起こっていたり、排水スピードが追いついていない量のお湯が溢れると起こる可能性があり、バスルームからどんどんお湯が流れてしまいます。洗面所まで溢れると床が水浸しになり、そのまま下の階まで水による被害が広がってしまう可能性があります。
トイレに大量のトイレットペーパーを一度に流しすぎて詰まらせてしまい、便器の水が溢れ出てしまうこともあります。うっかりミスによるトラブルは注意を怠らなければ未然に防ぐことができます。
もしも建物自体に原因があった場合、建物の設備の劣化などによって水漏れなどのトラブルが起こることがあります。排水管が古くなればそこから水が漏れますし、排水管のある場所によって外壁が水漏れの影響でひび割れてしまうこともあります。集合住宅が建てられてからどのぐらい経ったのか、築年数が長くなればなるほど劣化による水のトラブルが起こりやすいので、定期的なメンテナンスや点検が必要になります。

■集合住宅で水漏れトラブルが起きたときの対処法

もしもマンションやアパートなどで排水管や給水管などの水漏れトラブルが起きたとき、何をどう処理していけばいいのか手順を知っておくと安心です。
まずは止水栓を閉めて水の流れを止めましょう。どこに水のトラブルが分からない場合でも、止水栓を止めれば給水管から水が届く流れを一時的に止めることができます。次に建物を管理する大家さんや管理会社に連絡を入れましょう。対応は様々ですが、家主側で修理業者を探して依頼するよう言われることもありますし、管理側が手配することもあります。
もし無断で勝手に修理の依頼を進めてしまうと、別のトラブルが発生したときの対応が大変です。その際に間に入る人がいると、トラブルを緩和させることができる可能性もあるので、必ず事前に管理側とコンタクトを取る様にしてください。
次に、必要があればこちらから修理業者に相談の電話をかけて修理をお願いしましょう。このときすでに建物を管理する側に連絡済みである旨を伝えます。事前に見積書を出してもらって作業内容や料金の確認を忘れないようにします。
その他にも、電気会社にも念のため連絡を入れておきます。水のトラブルと電気は無関係に考える人もいますが、水漏れトラブルによって漏電の恐れが起きていることもあります。建物の中の電気配線は漏電しないように、予防の意味で漏電防止ようのビニールを巻いているのが一般的ではあります。しかし住んでいる建物がどうなっているのか住人には分かりませんので、別のトラブルによる被害を作らないためにも電気会社にも状況説明をしておきましょう。

■集合住宅の水漏れは保険の対象になるのか
マンションやアパートなどの集合住宅で安心して暮らすためにも、もしも水漏れトラブルが起きたらどうすればいいのか不安を解消していきましょう。排水管や給水管などでトラブルが起きて、もしも建物に被害がでてしまい修繕が必要になったり、賠償しなければならないとなったら大変です。
集合住宅は必ず規約がありますので、詳細を確認しておきましょう。補償の対象となるのはどういったトラブルなのか、水漏れトラブルの責任はどこにあるのか、これによって変わります。いつ水のトラブルが起こるか誰にも分かりませんから、被害を与えるほうになってしまうのか、逆に被害を被ってしまうのか、万が一に備えて保険のことは知っておくと良いです。
例えば建物を管理する側に責任があったとします。この場合は建物が加入しているマンション保険や火災保険の対象となるのが一般的です。建物の共有部分でのトラブルは個人が保証する必要がないことがほとんどです。
個人に水トラブルの原因があった場合は、賠償責任保険の対象となります。この保険は自動車保険や火災保険などに付帯しているものなので、賠償責任保険だけの加入はできませんので注意しましょう。自分が加入している保険に付帯されている内容をこの機会に確認して、もしも賠償責任保険が付帯されていない場合は万が一に備えて加入について検討してみても良いでしょう。
水のトラブルによる被害は、どこまで広がるか先のことは分かりません。自分の部屋のみならずほかの部屋の賠償も必要となると支払いが大変なことになりますので、倍書湯責任保険への加入をおすすめします。ちなみに保険会社によって100%補えるかどうかを事前に確認しておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ