給排水管の水漏れで保険が適用できるかはシリコン修理にも左右される

■火災保険によっては水漏れの害に保険がおりる

加入中の火災保険による補償の内容や水漏れの状態次第では、受けた被害に保険金がおりるケースがあります。ただし、水道修理業者に支払う施工費用に保険がおりることはありません。そのかわり、漏れた水のせいで汚損した床や壁、家具などに破損保険がおりるパターンがあるのです。さらに、集合住宅にて水漏れを起こしてしまった時、下の階の住民へ支払う弁償金に保険がおりるパターンもあります。
名前から誤解されがちですが、火災保険は火災による損害に限った保険ではなく、さまざまなトラブルによる被害に総合的に対応してくれる保険です。ただし、水漏れの被害に対して火災保険を申請するには、そもそも保険の補償ケースの中に水まわりのトラブルが含まれていないといけません。たとえば補償ケースが火災だけのコースに入っていたり、補償対象を建物だけにしていたりすると、水漏れへの補償はほぼ受けられないと考えた方がいいでしょう。実は火災保険の中でもっとも多く補償が利用されているのは水まわりのトラブルなのですが、補償の対象をよく確認していなかったために補償の対象外となっているケースも少なくありません。被害にあってから確認するのではなく、あらかじめ補償内容を確認しておくことが大切です。
まずはそもそも火災保険へと加入しているかどうかを確認します。そこから自分の加入している保険会社に問い合わせて、水まわりのトラブルが補償対象に含まれているかどうかを聞きましょう。

■火災保険の確認方法と保険金のおりないケース

持ち家の場合、住宅ローンを組む条件として火災保険へと加入することが義務付けられているため、ほぼ確実に加入しているはずです。しかし、保険期間が過ぎた後に更新していないと、いつの間にか保険から外れていることもあるでしょう。確認する時にはハウスメーカーか銀行、賃貸なら不動産屋に問い合わせましょう。売買や賃貸にまつわる契約を取り交わす際に書類の写しをとって保管しているため、その書類から火災保険への加入の有無や、大まかな補償内容を調べられます。
こうして火災保険への加入と水漏れ被害に対する補償が保険に含まれていると確認できても、実際に起きた被害の内容次第では保険がおりないケースがあります。まず、漏れを引き起こした原因が給排水管のメンテナンスを怠った結果の経年劣化にあった場合、ほぼ保険はおりません。定期的な水まわりのメンテナンスは住民の義務とされているため、怠慢による故障とみなされてしまいます。
また、自ら水まわりを修理したことが原因となった場合も注意が必要です。シリコンのコーキング材を利用することでちょっとした漏れを修理することができますが、その際に余計な部分までいじって故障を引き起こしたのなら、それは事故ではなく故意とみなされてしまうことがあります。故意か事故かの判断はあくまでも保険会社にゆだねられますが、いき過ぎたシリコン修理は故意と判断されかねません。DIYで修理を行う場合は、あくまでも素人としてできる範囲をわきまえて行うことが重要です。
また、台風や洪水などで水まわりが壊れた場合、火災保険の対象である水漏れではなく水害として扱われます。こういったときも補償の対象とならないケースがあります。さらに、便器そのものや温水便座などは建物ではなく家財とみなされるため、建物だけを対象とした保険では補償されません。逆に壁紙や床は建物とされるため、家財だけを対象としているとこちらも補償されません。家財、建物の両方が補償対象となっているか確認しておきましょう。

■集合住宅での水漏れ調査の料金に保険が使える
集合住宅は管理している会社が火災保険へと加入しているケースがほとんどです。管理人や会社に問い合わせ、保険への加入の有無や水まわりが対象に含まれるかを確認しておきましょう。集合住宅の水漏れのやっかいな点として、どこが故障していて誰が原因となったのかがわかりにくいところが挙げられます。集合住宅の給排水管は各住民の責任となる部分と共有部分に分けられており、どこの故障かわからないと漏れを引き起こした責任者もわかりません。責任者を明確にするには故障箇所を調査する必要があるのですが、その調査にも費用が発生します。責任者がわからない状態では調査料金を誰が負担するべきかさえ決められないでしょう。
こういった時に便利なのが多くの集合住宅の管理組合が加入している水漏れ調査用補償という制度です。これはまさに原因がわからない際に故障箇所の調査を補償してくれる制度ですので、有効に活用すれば責任者が確定するまでの流れをスムーズにしてくれます。大抵の集合住宅はこちらに加入しているため、まずは管理会社などに連絡し、故障箇所の調査を保険金で行うのが近隣トラブルを避けることができる動き方と言えるでしょう。なお、調査が終わった後の修理費は故障の原因となった場所の責任者が負うことになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ