キッチンの排水管の水漏れ

キッチンの排水管が水漏れを起こしているときには、できるだけ早めに修理する必要があります。いくつかのパターンがあり、原因の追求もそこまで難しくありません。目に見える位置にあるということも、キッチンの特徴になってくるからです。

■排水口のパッキンから配管のゆるみ

キッチンの排水管は、シンクの下に設置されています。すぐに見える場所にありますが、扉をつけられていることもあり、目につかないことが、被害を拡大してしまう理由にもなるでしょう。排水であることから、常に水を流すことがありませんが、パッキンが劣化すると水が漏れてしまう場合があります。同じように、配管の緩みが出てくると、わずかなところから水漏れを起こしてしまう場合もあるでしょう。締め直すだけでも直ることがあるので、確認しておくと安心です。



■接続部分のパッキンの劣化

接続部分には、必ずパッキンが使われています。しかし、いくらしっかりと接続していても隙間ができてしまうため、パッキンは必須の存在といっていいでしょう。時間とともにパッキンも劣化していくことになるため、ここから水漏れが起きる可能性があります。対処方法としては、交換してしまえば済んでしまいますが、素人ではどうしても難しいことがあるでしょう。どこで購入してくるかといった問題もあるからです。



■まとめ
排水管の水漏れは、早めに修理をすることが大切です。臭いが出てくるだけではなく、食事を作るスペースとして考えれば、衛生的な問題はできるだけクリアしたいところでしょう。判断が難しい場合には、早めに専門業者に水道 工事を依頼すれば、大事になる前に直すことが可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ