キッチンの排水管で水漏れしやすい場所と対策

■毎日使うキッチンで起きる漏水

キッチンは、普段から利用している水回りの中でも日々必要とされ、食事に関わる生活を支える大事な設備を担っています。洗面所の代わりをする場合もあり、日常生活の中で必要不可欠な場所です。利用している時間も長いため、水の流れをコントロールする蛇口も傷みが激しく、パッキンの弾力性が失われる時期も早くなります。そのため水漏れするケースもあり、部品を取り換えることもよく発生します。
また、使った水を流すための排水管から水漏れする状況も考えておかなければいけません。漏れてくる水は水道水とは異なり、汚れた水になるため被害の種類も異なります。水を使えば適切に処理しなければいけませんが、キッチンでは食材を洗ったり、使った後のお皿や容器、炒めたりするフライパン、鍋といった道具などを洗い、排水として流れていきます。水漏れを起こしてしまうのも、こうした使用した水の中にいろいろなものが混じり、使われている排水管の部品の各所で劣化などを引き起こすことが原因の一つです。
キッチンの排水管は、シンクの下からつながっていきます。普段は収納になっている場所で、どうしても目につきにくい環境にあります。水漏れを起こしていても発見が遅れやすく、被害が広がってから気がつくことが多くなります。見つかったときには周りの部材は水に浸り、ダメージを受けて交換しなければいけないことも少なくありません。発見の大事なポイントとしては、変化を見逃さないところにあります。水が漏れてくれば、日常と違う状況になっているため、なにかしらの異変が生じるところを見逃してはいけません。音であったり臭いであったり普段はない変化が出てきます。特に異臭は普段の生活の中では感じられない臭気を放つことから、水漏れを発見する手掛かりになる変化です。臭いのもとを追っていくだけでも問題のあるポイントにたどり着けることもあるため、早期発見につながります。

■排水管の傷みを防ぐために必要な対策

キッチンの排水管の水漏れは、配管自体が傷むことによっても発生します。排水管の配管は壊れにくい素材が使われ、化学変化で影響しにくいものが選ばれていますが、永遠に壊れないものではありません。キッチン周りを見てみると、油などの汚れが流れていくことが多いので、自然と汚れが配管内に付着してしまいます。付着した汚れはだんだんと大きくなり、ほかのごみや異物、汚れも巻き込みながら貼りついていきます。これが配管にダメージを与え、さらに大きなダメージの原因につながるため、キッチンでは十分な注意とお手入れが必要です。
汚れを流さないことが、排水管の寿命を延ばしていきますが、完全に除去することは難しい環境なのは間違いありません。排水にネットをかけて異物が落ちないようにするのは、基本的な対策です。これだけでも、大きな異物の混入を防ぎ、つまってしまう状況を回避できます。油汚れは完全に排除はできませんができるだけ食器はふき取ってから洗うようにするだけでも違いが出ます。調理器具に関しても、油がついたまま洗うのではなく、一度ふき取るようにするといいでしょう。
配管の内部に油が付着するのを防ぐためにも、定期的にお湯を流してみるのも効果的な対策です。熱湯を流してしまうと、配管がゆがむ恐れがあり、接続部分で隙間を作り水漏れを発生させてしまう可能性があるため避けなければいけませんが、50度から60度であれば、ダメージを与えることなく油を分解させることができます。配管内の掃除として手軽にできるため、うまく活用するといいでしょう。定期的にパイプクリーナーなどを使って汚れを落とすのもお手入れとして重要です。

■キッチンの排水管で漏れやすい場所は
水漏れを見つけたときには、まずはキッチンの使用をやめます。水を流さなければ漏れることはないからです。これで被害は抑えられますが、そのままでは使うことができないためどこから漏れているのかをはっきりとさせなければいけません。
箇所として多いのが、トラップと呼ばれる部分です。最近ではシンクの下に取り付けられていることが多くなりましたが、この接続部品の隙間から漏れてくることがあります。排水管に限らず、隙間ができれば水は流れ出してくる可能性がありますが、接続部分が増えれば、それだけ漏れる可能性が高くなります。一本の配管であれば、破損でもしなければ漏れませんが、接続部分はもともと違う部材であり、ねじ山などに巻かれているシールテープが劣化したり、接着が弱くなれば隙間が生じて漏れてくることがあるからです。排水トラップは機能として考えても大事な設備ですが、上にはシンクが接続されており、下には排水管が続きます。このつなぎ目部分も水漏れとして考えれば弱い部分であり、注意しておかなければいけない場所です。
修理の方法としては、新しいものに交換するのが一番です。排水トラップも手に入りやすくなり、DIYが得意な人なら古いものを取り外して新しいものに交換することも可能です。配管自体も見えるところであれば交換する方法も取れますが、部品を手に入れたりできない場合や、単純な交換では対応できない場合には、専門業者に依頼した方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ