いざというときのための排水管の水漏れ豆知識

■排水管の水漏れは発生しやすい箇所がいくつかある

長年同じ住宅で暮らしていると、水回りのトラブルが起こりやすくなります。普段何気なく使っているかもしれませんが、いざ実際に問題が発生するとかなり生活面で不自由です。
そこでまず家の中でもどのような場所でトラブルが起こりやすいのかを把握しておくことが大切です。トラブルが起きたときにその箇所を重点的にチェックすることで、発生個所が特定できるかもしれないからです。排水管の水漏れの発生しやすい箇所は水を使用する水回りとなります。具体的にはお風呂場やキッチン、洗濯機などです。風呂場の場合浴槽、キッチンはシンク、洗濯機なら洗濯パン、トイレは配管の接続部分で発生する頻度が多いです。もし心当たりがあれば、このような箇所を重点的にチェックするようにします。
特にトイレが発生個所の場合、速やかな対策が求められます。汚水の流れる箇所ですから、管の外部に漏れだすと悪臭を伴う恐れがあります。水漏れが解決しても、その後の掃除が大変になるかもしれません。

■排水管の水漏れの発生する原因

そもそもなぜ漏れが発生するのか、排水管の場合いくつか特徴的な原因があります。まずは詰まりです。固形物などを排水溝に流すと配管のどこかでとどまる恐れがあります。固形物そのものは小さくても、それが長い時間をかけて徐々に蓄積されると、水の通り道がどんどん狭くなります。この状況が一定の許容範囲を超えてしまうと漏れが起こりやすくなります。
毎日使用している水回りの場合、このようなつまりは時間の経過とともにリスクが高まります。自分が意識していなくても、ついつい異物を流してしまうことはままあります。例えばお風呂場の場合、体を洗ったときに発生する石鹸カスです。配管の中で固形化して、それが塊になって水の流れを遮ってしまうこともあり得ます。
もう一つ注意したいのが、抜けた髪の毛です。シャンプーをしているときに髪の毛が抜けて、それが排水溝を通過してしまうこともあります。しかも石鹸カスが絡まって、ヘドロのようになりかねません。髪の毛は成長して抜けて、また生え変わるを一定のサイクルで繰り返します。薄毛の方でなくても、1日100本程度の抜け毛が発生するといわれています。排水溝のところに設置されているゴミ受けのところに抜け毛が引っかかっていれば、こまめに取り除くようにしましょう。
また、キッチンで皿洗いをしているときに食べ物のかすをそのまま流している人もいますが、個々は小さくても、蓄積されればつまりの原因になり得ます。できるだけゴミは三角コーナーなどに捨てるように心がけておく必要があります。
排水管の途中で水漏れが発生している場合、接続部のナットやパッキンの緩みや劣化が疑われます。つまりや地震、老朽化など時間の経過に伴い徐々に緩んでしまうこともありますが、緩みをそのまま放置していると、パイプ本体が破損する恐れも高まります。こうなると修理範囲も大掛かりになって、時間も費用も掛かってしまうので注意が必要です。
そしてパイプには耐用年数があります。耐用年数を超えると寿命で、漏れがいつ起きてもおかしくありません。一般的に10から15年ほど使い続けると寿命だといわれています。もしこれだけの期間交換していないのであれば、新しいものと取り換えたほうがいいでしょう。メンテナンスをこまめに行っていると、寿命をより伸ばすことも可能です。

■水漏れを解消する方法とは
排水管で水漏れが発生すると、場合によっては部屋の中に汚水が入ってきてしまう恐れがあります。トイレの場合、便器の中で逆流して汚水のあふれるリスクもあります。そうなってしまうと修理の後も悪臭や汚れ対策をしなければならず、清掃にかなり時間がかかります。もしパイプが詰まっているのであれば、内部を洗浄するといいでしょう。重曹やドラッグストアなどに販売されているパイプクリーナーなどを使用するとスムーズに解決をすることができます。ただし重症だと、このような対策では解消できないかもしれません。その場合には専門業者を呼んで、修理をお願いすることが大切です。
接続部分から漏れ出している場合には、ナットを締め直すことで問題が解決できるかもしれません。レンチなど専用の工具があれば、素人でも対処できます。この時再発しないように、きつく締めたくなるかもしれませんが、適度な力で締めることが重要です。過度に締めてしまうとパイプが逆に破損しかねないからです。もし力加減が分からなければ、業者を呼んで作業を依頼したほうが無難です。
このような対策で問題を解消できますが、業者を呼んだり大掛かりになります。水漏れが発生しないようにするためには予防法がいくつかあります。特におすすめはパイプの洗浄を定期的に行うことです。完全に詰まりを起こす前に洗浄しておけば、大きな問題にならずに済みます。その他にもできるだけ固形物を排水溝に流さないように心がけることも大事です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ