排水管の隙間からの水漏れをシリコンで埋める

排水管の修理方法にはいろいろなやり方があります。水漏れを起こしている場合にも、自分で直そうと考える場合があるでしょう。水が流れる隙間を作らないことが重要であり、いかに密閉できる状態を作り上げるかがポイントになってきます。

■隙間を埋めて水漏れさせない

シンクと排水管は、接続してつないでいます。一体化して作られるわけではないため、接続部分から水漏れを起こしてしまう可能性があるでしょう。問題は、こうした隙間をどうやって埋めるかというところになってきます。隙間がなければ漏れないのですから、埋めてしまう方法が適しているでしょう。隙間を埋める方法として、シリコンシーラントを使う方法があります。ホームセンターなどでも安価で販売されているもので、水密性を高められる方法になるでしょう。



■シリコンシーラントを施工する前に

隙間ができている部分にシリコンシーラントをつけて隙間をなくしますが、まず表面積を大きくして強度をあげるためにサンドペーパーで削ります。余計なごみなども取り除くことになるでしょう。しっかりと乾かしてから、プライマーを塗ります。接着剤として機能しますが、塗っていなければ簡単にはがれると考えなければいけません。あとはシリコンシーラントを打ち込み、乾燥させてしまえばおしまいです。素人でもできる対処方法としては、優秀な方法といえます。



■まとめ
シリコンシーラントは、水漏れに役立ちます。しかし、固まる前に水がつけばはがれてしまいますし、プライマーを使わないと接着強度が出ません。接合部分に使いやすい方法ですが、使い方を間違わないことがポイントになるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ