排水管の水漏れを防ぐコーティング剤の塗布

排水管の水漏れ対策としては、いろいろな補修材が出回っています。非常に便利な方法で、素人でも直すことができるものもたくさん出てきました。便利な方法ともいえますが、水漏れ箇所をコーティングして防止するというのもひとつの方法です。

■だれでもできるコーティング

水漏れする原因は何かといえば、隙間があるからです。水が漏れてしまう流れはほんのわずかな隙間で十分でしょう。その隙間を埋めてしまうことができれば、水漏れは防止できるようになります。そのためのコーティング剤を使えば、だれでも簡単に防止ができるでしょう。コーティング剤は、水に濡れていない状態で塗布すればいいだけのものがほとんどです。表面をコーティングするため、防食効果も期待できます。だれでも使える便利な方法であるといえるでしょう。




■コーティング剤を使う場合の注意

コーティングする場合には、表面に汚れやごみが付着していないことが重要です。異物があれば効果が出てこないだけでなく、そこから剥がれ落ちてしまうことにもなります。水がついているときにも、コーティングは効果を発揮しません。もともと水をはじくように作られているため、完全に乾かしてから使うことが大切です。これによって、効果を高めることができるでしょう。



■まとめ
補修材を使うことによって、自分で修理もできるようになるでしょう。しかし、排水管の問題を根本的に解決しているわけではありません。内部の劣化は外からでは判断できないのですから、水漏れの一時的な対策として考え、修理を検討するべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ