排水管の水漏れ対策に重要なコーキングの再充填

■いずれは打ち換える時期が来る

排水管は、構造的に水の圧力がかかりません。水漏れしたときには、補修する作業が必要で、配管の劣化が見られるときには交換もしなければいけません。コーキングを使った補修方法もありますし、実際に配管周りの防水作業として行われていることもあります。便利な方法ではありますが、コーキング自体も劣化することを忘れてはいけません。いずれは、水漏れを発生させないためにも打ち換える作業が必要になります。
コーキングの寿命は、隙間ができたり、ひび割れて切れてしまっている状態です。排水管の水漏れには使われませんが、壁から配管を伸ばしている場合には、バックアップ剤を使っているケースもあります。このバックアップ剤が見えてきている状況や、下地がわかるような場合には、薄くなっているのか、劣化が考えられる状態です。本来の目的を発揮していないことから、打ち換えなければコーキングは機能しません。きちんと防水することができないと、排水管のつなぎ目などから水漏れが発生することになります。
一般的な環境で5年程度で劣化が始まり、10年で限界を超えると考えられていますので、排水管周りで水漏れが起きる前に、新しくすることが重要です。劣化した状態のままにしておけば、いずれ不具合が出てきます。劣化している部分を残しておくとトラブルにつながりやすいため、しっかりと除去して新しくしていく必要が出てきます。健全な状態になれば、トラブルに対する心配もなくなるでしょう。

■きれいに残さずはがすこと

コーキングの欠点は、すでに施工されているうえにプライマーを塗り最充填しても付着強度は上がらない点にあります。増し打ちする方法もありますが、プロの技でなければうまくはいきませんし、隙間があきやすいことから水漏れの対策としても使える方法ではありません。大事なことは、古い部分を除去して新しくすることです。単純な作業であり、内容的には難しくありません。それよりも、しっかりと除去して残さないことが、次のトラブルを発生させないためにも大切です。
方法は単純で、古い部分を切り取り除去します。排水管の場合、カッターナイフを使って除去すれば、意図的におこなった状況は別として、塩ビだったとしてもそこまで大きく食い込んだりすることはありませんが、注意して作業を進めます。コーキングと配管の境目にカッターナイフで切り込みを入れていきます。両面に切り込みを入れていきますが、さほど力を入れる必要はありません。カッターナイフが入れば、排水管の局面に沿って軽く切っていけば除去できます。重要なのは、しっかりと刃を配管に沿わせることで、カッターはできるだけ大型のものを使い、あまり力を入れずに作業していきます。
切り込みを入れたら、ラジオペンチなどで引きはがしていけば、大半の部分は除去できるでしょう。これでも残ってしまう部分が出るため、ここでもうひと工夫必要です。市販されているスクレーパーを使ってこまめに残った部分も除去します。軍手をしてゆっくりと削り取っていけば危険なことはありません。
一般のカッターでうまくいかないときには、はがし専用の道具を使って除去することもできます。なによりも大切なことは、できる限り丁寧に作業することにあります。時間もかかりますが、水漏れを再発させればそれ以上の手間と時間や費用がかかるため、より付着を高められるような状況を作ることがポイントです。

■マスキングの重要性
排水管に再度コーキングする場合には、マスキングが重要です。マスキングテープを貼り付けていきますが、できるだけ丁寧に隙間も作らないように貼ります。施工を失敗してしまう理由の大半は、このマスキングの失敗から始まります。
下準備として、どこまでの範囲をコーキングするのかを決定させる部分ですし、仕上がりの違いにも表れるのがマスキングです。マスキングをきれいにすることによって、プライマーもはみ出したりすることがありません。必要な部分に必要な量を塗布しやすくなるため、施工範囲が狭いとしても、できるだけ幅の広いマスキングを使えば、周りを汚したりすることもありません。はみ出してもすぐに除去できることからも30mm以上が適切です。
コーキングを注入したら、ヘラでしっかりと仕上げていきます。施工する幅にあったヘラを選ぶことが大切で、押し付けるようにして中に空気を残さないように圧着させながら整形するのがポイントです。
マスキングは、コーキングが乾いて乾燥してしまう前にはがします。時間がたってからはがすと、健全な部分を引きはがしてしまう可能性が出るためです。はがれにくくもなるため、ヘラで整形させたら早めに除去してしまいましょう。マスキングテープには、材料が残っている場合がほとんどのため、周りについたりしないようにするのが大切です。素早く処理すると仕上がりもきれいに上がります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ