排水管の水漏れ処置後の汚水の取り扱い

■排水管の水漏れ後の汚水を放置しない

排水管の水漏れによって、床が汚水などで汚れてしまっているケースもあるでしょう。その量が少量であれば、あまりナーバスになる必要はありません。しかし広範囲に及んでいる場合には、水漏れ処理の後で掃除など適切に対処すべきです。汚水をそのままにしていると汚れや悪臭に悩まされることももちろんあります。そしてさらに注意しなければならないのは、二次被害を引き起こす危険性についてです。まず怖いのは腐食の問題です。日本の場合一戸建てだと、木造住宅であることが多いです。湿度の高い状態で放置した場合、木材腐朽菌が繁殖しかねません。これが木材の腐敗を進めてしまいます。住宅によって個体差は若干あるものの、一般的に大体1年から3年そのままにしておくと腐ってしまいます。腐ると木材そのものが変形してしまい、最終的には建物をゆがめてしまう恐れが出てきます。ちなみに湿度や温度が高いと菌の活動がより活発になります。そうなると腐敗のペースがさらに早まってしまいます。
被害状況が床下まで進んでいるという場合には、速やかな対策が求められます。湿気を取り除いて、木材を乾燥させましょう。木材を濡らしてしまった際には、いかに早く乾燥させることができるかがポイントです。

■カビやシロアリの恐れも

排水管からの漏れによって、壁や床が汚水で濡れた際に懸念すべき二次被害として、カビもあります。二次被害の中でも目に見える現象なので、わかりやすいはずです。床や壁が濡れていてそのままにしていると、湿度がおのずと高くなります。高温多湿のところをカビは好む傾向があります。このためしばらくするとクロスや床材のところが黒ずんできます。これこそが、繁殖の証拠です。これも住宅の環境によって若干違いはありますが、漏れを放置して1か月も経過すれば、黒ずみが目立ってくるはずです。そしてここまで目視できるような段階にまで進行すると、壁紙や床材の奥ではカビがかなりの量にまで繁殖している恐れが高いです。もし水漏れの修繕をした後で、このような症状が起きているのなら、専門業者を呼んだ方がいいでしょう。このように裏側など目に見えないところでも繁殖している恐れがあるので、プロに点検してもらった方がいいからです。
後始末を誤ってしまうと、シロアリの繁殖も心配したほうがいいです。シロアリは元来湿った床材を餌にする傾向があります。そこで水漏れなどで濡れているところに集まってきます。そしてそこに巣をつくったり、木材を餌にしたりするわけです。シロアリというと雨漏りで引き起こされるものといったイメージを持っている人も多いでしょう。しかし水漏れも木材を濡らす現象は一緒ですから、危険性は同じです。汚水対策を甘く見てしまうとこのようにカビやシロアリによって、さらに住宅がダメージを受ける恐れが浮上します。

■排水管の水漏れ処理の後の掃除の方法
では排水管の水漏れによって、床などが汚水で濡れてしまった場合の対策ですが、それほど難しいことでもないです。まずは濡れている個所をぞうきんなどを使ってしっかりふき取ることが大切です。そして水気がなくなったら、先ほどのふき取り掃除で使用したのとは別のぞうきんを用意します。そして消毒用エタノールを使って、きれいに床を拭きましょう。こちらの消毒用エタノールですが、ドラッグストアなどで手軽に入手できるはずです。しかしもし手持ちがなければ、トイレやキッチンなどで使用するお掃除シートを代用して拭き掃除をしても問題ありません。エタノールは肌への刺激が強いので、そのままだと肌荒れが心配です。後始末をする際には、衛生面も考慮してゴム手袋などを装着するといいでしょう。
トイレで水漏れが発生して、床を汚してしまった場合、汚水の中に雑菌が含まれている恐れがあります。この場合には消毒できる掃除用具を使って作業したほうがより安心です。拭いて消毒するだけで十分なのかと思う人もいるでしょうが、通常ならこれでも対策はしっかりできています。
ただし水漏れの量があまりに多く、床下まで濡れてしまった場合には床材をはがしたり、床下に潜って必要な作業を講じるといったことも必要になるでしょう。床下を乾燥させるには、専用の機材が必要になる場合もあります。この場合、素人では対処しきれないため、乾燥除菌を行っている業者に依頼する形になります。
このように早めに汚水の処理を進めないと、二次被害のリスクが高まります。さらに集合住宅の場合、階下の住民にも漏れの被害が及んでしまうことも考えられます。そうなると被害者だけでなく、今度は加害者にもなって、賠償請求される恐れもあります。困っていることがあれば、修理をお願いした水道業者にアドバイスをもらうなどするといいです。水道業者が直接対処してくれなくても、豊富なノウハウを持っているので有益な助言をしてくれるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ