排水管の水漏れの応急処置で有効な補修テープ

■補修テープの種類

排水管で水漏れが発生した場合、本格的な修理は業者に依頼するのがおすすめです。しかし自分たちでも応急処置を行うことは可能です。排水管の場合、水道を使用しなければとりあえず症状が悪化することはないです。そこで修理が完了するまではよほどのことでもない限り、水の利用は控えます。そして排水管の水漏れで有効なのが、補修テープを発生個所に巻き付ける方式です。補修テープはホームセンターや通販サイトなどで取り扱っていて、いろいろな種類のものがラインナップされています。
まずは自己癒着タイプです。テープを巻き付けていくと、テープ同士がくっつくことから自己癒着と呼ばれています。大規模な漏れが発生しているときに有効です。しっかり密着するため、漏水に対して優れた耐性を持っているのがメリットです。こちらは排水管の中でもっすぐな部分に使用するとその持ち味を十分発揮します。
防水タイプのものもポピュラーです。テープそのものに防水加工がなされているのがこの種類のテープの特色です。どこでも比較的しっかり密着できるところがメリットです。自己癒着では難しかったカーブしている場所や細かな部分でも貼り付けられます。つなぎ目の隙間からの水漏れをはじめとしたちょっとした箇所のトラブルにも柔軟に対応できます。
ラップテープを使用する選択肢もあります。一般家庭の排水管のトラブルには十分対応できます。こちらは取り扱やすいところが魅力です。初めて水漏れ対処するような方でも問題なく使用できます。ただしあまり大規模な水漏れの場合、対処できない恐れもありますから注意しましょう。
アルミテープを使用するのも一考です。厳密に言うと漏水のためのテープではないですが、一時的な応急処置であれば、対応可能です。どこでも販売されていますし、上で紹介したほかの種類と比較して値段がリーズナブルなのが強みです。ただしお湯を使う場所には使用しないほうがいいです。テープによって耐熱温度に差があるためです。熱めのお湯を使用する場合、しっかりパイプに張り付かないかもしれません。

■補修テープの使い方

せっかく補修テープで排水管の応急処置を施しても、正しい使用法でないとその効果も半減してしまいます。まず、いきなり貼り付けないことです。水漏れの発生している個所をきれいにぞうきんなどでふき取るように注意しましょう。パイプが濡れていたり、ほこりなどの汚れが付着していると種類によってはテープが切れてしまったり、しっかり密着しない恐れがでてきます。
パイプをきれいにふき取ってから、初めてテープを貼っていきます。この時少し引っ張って巻き付けて、テープ同士の隙間がなくなるようにするのがポイントです。種類によって個体差があるものの、専用のテープであれば通常時よりも幅が半分になるまで引っ張れるようなものも珍しくありません。伸縮性に優れたものを使用すると、より効果が高くなります。いったん適当な長さに切っておくのも一つの方法です。こうすればしっかり引っ張ることができ、思うように使えるでしょう。配管の太さなどにもよりますが、大体20から30cmくらいにカットしておくとちょうどいいボリュームで巻き付けられます。
このように引っ張って巻き付けたほうがいいですが、巻き終わりの最後の部分は例外です。あまり強く引っ張りすぎてしまうと、ちょっとした衝撃を受けただけでも簡単にテープが取れてしまう恐れがあるからです。適度な力で巻き終えるように注意しましょう。これで水漏れの応急処置は可能です。もしこれだけでは不安なら、この上から保護テープでカバーするといいです。コーティングする形になり、テープの強度をより高められます。

■あくまでも一時的な対応
補修テープを巻き付ければ、見た目には水漏れが収まったように見えます。しかしこれはあくまでも応急処置であることを忘れないようにしましょう。もし排水管が老朽化している場合、テープを貼り付けた場所以外からまた漏水を起こす恐れがあります。いたちごっこのようになりかねません。またテープだけで補修して、そのまま放置していると破裂することもあり得ます。あくまでもテープを巻き付けるのは一時的な対応で、根本的に直すためには本格的な修理をする必要があります。排水管の修理は、古くて経年劣化している場合、パイプそのものを交換するケースもあります。そうなると素人が対応するのは難しいでしょう。水道業者を呼んで、速やかに修繕の依頼をするのがベストです。
補修テープはどのような漏水でも対応できるとは限りません。例えばポタポタ水が垂れている、じんわり水がにじみ出てくるようなトラブルであれば有効です。しかし、排水管では少ないかもしれませんが、勢いよく出てくるような水漏れの場合には対処できないこともあります。テープを巻き付けるのが難しいと判断したときは、その時点で速やかに水道業者を呼んだほうがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ