排水管の水漏れに使える応急処置

■タオルを使って水漏れの応急処置

排水管から水が漏れているのを発見できるのは、まだ幸運な状況です。大量に水漏れしているケースもありますが、どうしても生活環境から隠れている部分が多く、見つけにくいからです。ですが、問題を見つけた以上、修理も考えていかなければいけません。自分で修理できないとしても、そのままにはできない以上、応急処置が大切です。そのあとに、だれが修理するのか、専門業者に依頼するのか、検討していけばいいでしょう。
大切なのは、これ以上水漏れの被害が拡大しないように食い止めることです。水がどこに漏れてきているのかでも異なりますが、まずは該当する設備の使用をやめて、水が流れない状況にするのが大切です。床なら、被害を広げないためにも、流れない状況を作ったのちに、拭き掃除をします。
排水管から流れてきている水は、使用した後のものです。決してきれいな水ではなく、臭いなども出てきます。掃除用のゴム手袋などをして掃除をします。いらないバスタオルなどを使って吸い取るといいでしょう。吸い取った水はバケツに溜めておき、あとで処理します。外部に流れている状態で、周辺に影響がない場所なら、バケツなどの用意は必要ありません。
次に、これ以上の拡大しないような養生をします。レジャー用のシートや100円均一で販売しているビニールシートなどを敷いて、これ以上侵食しないような状態を作りましょう。漏れてきている箇所がわかるなら、そこにバケツを置いて受けられるようにしておくと、ある程度は被害を防ぐことができます。この状態までできれば、業者に連絡して修理の手配をすれば安心です。

■配管に使える補修テープ

排水管のトラブル箇所にタオルを巻くのは、水漏れの応急処置として有効です。排水管は構造上給水管のような高い圧力がかかりません。配管自体も高い水圧がかかる状況を想定したものが使われていません。排水管にわずかに穴が開いて漏れてきているときや、接続部分にすき間ができて漏れてきている程度であれば、タオルで圧迫するだけでもかなり抑えられます。排水管に対してできるだけきつく巻き付けるだけの簡単な応急処置です。緩く巻くと効果がないため、できるだけきつく巻き付けます。このときに、上からビニールテープを巻きつけてしまうのもいいでしょう。どちらもしっかりと巻き付ければ、水漏れは一時的に止まります。下にはバケツを置き、少しでも受けられるように二段構えをするのがポイントです。
適当なタオルがないときには、直接ビニールテープを巻いてしまう方法もあります。巻き付ける部分が乾燥しているのが条件となりますが、わずかなひびなども圧迫して抑えられる方法です。市販のビニールテープで問題はありませんが、できるだけ引っ張りながら巻くといいでしょう。
補修用のテープも販売されています。いくつかの種類がありますが、自己癒着テープは接着面がない合成ゴムです。巻き付けていくと重なり合った部分がくっつくようになっていて、ゴムで水漏れを防げます。応急処置としてぴったりです。ホームセンターやネットショップで簡単に手に入りますので、いざという時のために購入しておくと安心です。粘着剤を使った防水補修テープや水道用のラップテープなども販売されています。

■経年劣化が見られたときに早めの点検
応急処置としては、どれも一長一短があります。耐えられる時間を考えれば、早めの修理が前提です。補修用のテープも、恒久的な補修というわけではありません。排水管は圧力がかからないとしても、設備を利用する限り水が流れていくことに変わりがありません。応急処置は一時的なものだと考えてきちんと修理をしましょう。
接続部分であれば、破損していなければパッキンなどを交換する方法があります。排水管を取り外し、間に使われているゴムの部品を新しいものに交換するだけです。接続の方法によっては専用の道具も必要になりますが、どちらもホームセンターで手に入るものです。
排水管自体を交換して新しくする場合、サイズや長さ、接続部分の問題があります。ネジを使ってナットで止めたりする場合には、ねじ山に対して漏れ止めのシールテープなどを巻かなければいけません。これが切れて漏れてきたら、応急処置として新しく巻き付けなければいけません。
排水管自体が老朽化してきている状態では、こうした応急処置もさらに寿命が短くなります。締め付けたことでダメージが広がるケースもありますし、処置をしたことでほかの部分が水漏れする可能性もあるためです。エポキシ樹脂を使って補修する方法もありますが、それでも老朽化が進んでいれば、あまり効果は期待できません。排水管自体が壊れてしまえば、補修したところで意味がありません。
排水管も年月が経てば老朽化が激しくなり、水漏れなどのトラブルが次々と出てきます。経年劣化による水漏れなら、根本的な修理が必要になることもありますので、早めに業者にみてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ