排水管の水漏れなどが起きたときは業者に相談

■水回りのトラブルと修理

排水管など水回りのトラブルが起きたときには、原因がどこにあるのかを調べていかなければいけません。その結果から修理の方法を考えていきますが、設備として給水と排水が大事な経路として存在します。トラブルが起きたときには、どちらに問題があるのかで、対処方法が変わる場所です。
こうした配管は、できるだけ長く寿命が保てるように、ライフサイクルの長い素材を使います。修理の頻度が多くならないように数年で壊れるようなものは使わない傾向があります。メンテナンスも必要ではありますが、内側は見えにくいため、できるだけトラブルの元となる衝撃や老朽化に耐えられる加工なども施しています。それでも水漏れなどのトラブルは起こる可能性はゼロになりません。いつか劣化して水漏れが発生するかもしれませんし、耐久性が限界を迎え破損してしまえば交換も必要です。
交換となれば、非常に大きな手間になるのも、水回りの設備の特徴です。老朽化で配管を入れ替えるとなれば、かなりの工事規模になります。工事規模に比例して費用負担も大きなものとなるため、トラブルが起きていないかこまめに確認しながらメンテナンスをして、大きな被害にならないような工夫が必要です。すべてを自分で直そうとすれば、対応に限界も来ます。業者に依頼した方がスムーズに修理できるような部分は素早く活用する方向性でいれば、生活への影響も最小限にできるでしょう。極端に利用する必要はありません。柔軟性を持った思考のもとで修理の業者を見つけ出して使っていけば、トラブルの対応に便利です。

■排水管は見えない位置にある

どんな水回りの設備でも、排水管の水漏れは住宅の環境に影響を与えます。床に流れ出てしまえば、床材を濡らしてしまうのは間違いありません。集合住宅では、そのまま下の階に滲み出していく可能性も出てきます。壁の中にある配管では、中で水が流れ出し、滲み出してきたことで発見されることもありますが、壁紙などもダメージを受けてしまうため、被害はどんどんと広がります。いつも目に付くところ配置されているのであれば、水漏れしても発見できますが、ほとんどはこうした床下や壁の中にあるため、発見にも時間がかかってしまいます。自分で直したくても、壁を壊して配管を露出させたりはできないでしょう。現実的な部分として、壁の中などは施工できる範囲ではありません。床下の配管も同じです。自分で修理ができる範囲としては、キッチンのシンク下や洗面所のボウル下に見える排水管になるでしょう。ほかの部分は業者に任せてしまうのが、適切な方法です。
こうした業者を見つけておくのは、簡単とも言えません。適切な作業をしてくれるかどうかを見極めなければいけないからです。はじめて利用する業者だったりすれば、本当に期待しているだけの力量があるかどうかも判別は容易ではないでしょう。
大事なポイントは、口コミをはじめとする評価を見つけることです。利用した人の評価が正しければ、多くの情報を得られます。身近な人で利用した経験があれば、話しを聞いてみるのも方法です。直接話を聞ければ、体験談として判断できる部分は確実に増えていきます。

■メンテナンスが寿命を延ばす
排水管の水漏れの原因は、なにも老朽化だけではありません。使い方などの問題により、誘発されてしまう場合もあるからです。内部の状態を判断した上で適切な解決方法の判断をする、というのは有効です。自分でできるようなことではないため、業者に内部の調査点検を依頼してもらうことをおすすめします。
排水管の内部のつまりが原因である場合、つまっている場所に合った対応をしなければいけません。ある程度入口部分から近い範囲であれば、配管用のワイヤーブラシを使ってかきだす方法が取れます。ブラシはホームセンターなどでも販売しているためお手軽な方法です。挿し込んでいって回転させたりして汚れをからめとり、掃除しながら引き出す方法が有効です。ただし、手慣れていないと配管内から圧力をかけてしまい、弱い部分で破損する可能性が出てきます。業者であれば、専用のワイヤーブラシを使い効率的な作業も可能です。
高圧洗浄機を使って、内部の汚れを落とす方法もあります。一般家庭用としても販売されてきていますが、配管洗浄用ではありません。先端の構造が全く異なるため、そのまま挿入しても洗浄できない構造となっています。業者の持つ先端は、後方に噴射して洗浄しながら推進していきます。特殊な作りになっていますし、耐圧ホースの長さも違うため、これも依頼して適切に施工してもらうのが安全です。
普段からメンテナンスをしていけば、配管の寿命も伸ばせます。そのままにしておけば、内部の汚れで劣化も早まってしまうかもしれません。点検の頻度はそこまで高くなくても構わないため、修理は自分でしたとしても、専門業者にどのような状態なのか調べてもらう必要はあるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ