排水管におけるつまりと逆流の対処法について

■排水管のつまりの原因とは

排水管のつまりには必ず原因があります。そして、どの家庭であっても排水管のつまりが起こる可能性はあります。排水マスに木の根や土砂が侵入する場合もあれば、浴室の排水口から髪の毛や石鹸カスが流れて原因となる可能性もあります。さらに、キッチンの排水口からの油汚れや食品カス、トイレでは大量のトイレットペーパーや落下物が原因になる可能性も否定できません。通常通りに水を使用していてもいつか起こる症状です。
予防するためには、定期的な点検及び清掃を行わないといけません。普段はあまり気にすることがないものの、いつか起こるかもしれないという意識は大切です。予防法としては、排水管のつまりが起こる原因につながる行動をしないことにあります。トイレでは、トイレットペーパーを流すときには少量にし、異物をもしも落としてしまったら、流すのではなく取り除きましょう。浴室や洗面台などの排水口はこまめに清掃し、髪の毛などを早めに取り除いておきます。キッチンでは日ごろから食品カスを流さないように心がけます。また、市販されている洗浄クリーナーを定期的に流し入れるのも良い方法です。これらのちょっとした対応によって、大きなトラブルにつながらないように予防できます。
いくら注意したとしても起こり得る可能性はあるのですが、できるだけ可能性を低くする対処をしていきましょう。排水管のつまりが起こってから対処するのではなく、常に予防となるような行動を心がけることが大切です。日頃から気を付けておけば、自然と習慣化していきます。
それでも排水管のつまりが起きてしまったら、水道修理業者に依頼しましょう。きちんと原因を見つけてもらい、今後の予防対策に役立てるようにすると良いです。

■逆流した場合は自分で対応するのは難易度が高い

排水管のつまりによって水が逆流した場合、自分で対応するのは難易度が高く、まず水道修理業者に依頼することを考えなくてはいけません。強い薬による洗浄、圧力ポンプによる洗浄、高圧洗浄といったさまざまな方法によってつまりを取り除き、逆流を止めることができます。
地下の汚水ポンプの修理や交換、排水ホースの交換や新設、敷地内の汚水ますの掃除と、さまざまな作業を水道修理業者は行うことが可能です。自分でワイヤー式管清掃機や高圧洗浄機を用意すれば対応はできます。しかし、屋内にも屋外にも対応することができて持っておけば便利であるものの、高額な商品なため、購入するのに気が引けるという方もいるでしょう。水道修理業者であれば、適確な判断で適切な道具を使用します。必要な時に依頼して最適な処置をしてもらった方が安心です。
専門機材を活用した方が効果的に排水管のつまりを除去できます。水が逆流した場合は、修理が完了するまでその水道設備を使用することができません。つまっている位置によって逆流したときの状況も変わりますので、それぞれの場所によって適した対応が求められます。また、逆流している箇所だけでなく、ほかの箇所に問題がないかも調べておくのが望ましいです。
万全を期すのであれば、水道修理業者に依頼するのがベストです。費用に関しての不安がある場合は、まずは水道修理業者に見積もり依頼をするとよいでしょう。

■賃貸物件は特に要注意
賃貸物件での水のトラブルは、自分の住居部分だけの被害ではなく、ほかの住人へ被害を及ぼすこともあります。排水管を清掃する必要がある場合は、水道修理業者による工事が必要となります。そのままにしておいても改善されることはありませんので、多少の費用がかかったとしてもきちんと解決を図るべきであり、賃貸物件の場合は特に意識した方がよいでしょう。
きちんと定期的な点検や予防を行っていれば大きな問題になることは少ないものの、何もしていないのであれば注意した方がよいでしょう。もしもつまりが起きてしまい高圧洗浄が必要になれば、住人立ち合いの元で修理をしてもらうケースが多いため、時間も要します。
排水管のつまりによって水が逆流するのには何かしらの原因があります。自分で対応できることもあるものの、あくまでも一時的な解決に過ぎません。何度も同じことが起こるのであれば、根本的な解決を図っていくのが望ましいです。水道修理業者でないと本格的な清掃を行うのは難しく、表面的にはきれいになったと思っても実は汚れが残っていることも多いです。特に頑固な油の塊が残っていることが多く、長年の汚れの蓄積が原因となります。
長期的に使用している場合は、普通に使用していたとしても汚れは溜まっていくと考えた方がよいでしょう。汚水が溢れて逆流し、床下が水浸し状態になるのは絶対に避けないといけません。大掛かりな作業が必要になり、ほかの住人への被害にもつながります。
もしもの事態が起こったら、迅速な対応が必要となります。しかし、賃貸物件の水道設備は自分の持ち物とはならないため、まずはオーナーに連絡し、状況を説明したうえで修理の手配をどうするのか相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ