排水管からの水漏れに備えて保険に入ろう

■排水管からの水漏れの原因を突き止める

排水管の水漏れは滅多に起こるわけではありません。しかし、常に起こり得る可能性があることを考えておくべきであるのは間違いありません。戸建て住宅の場合よりも集合住宅の場合の方がほかの住人に迷惑をかけるからこそ、万全の体制を整えておくべきです。保険に入ることによって、もしもの場合に備えることができます。
しかし、すべてのケースにおいて保険が適応されるわけではありません。排水管の水漏れが発生した場合は、まず原因を突き止めることが肝心です。集合住宅の場合は上階から水が漏れるものの、必ず真上の部屋が原因とは限りません。何が原因となっているかを特定しないと、誰が責任を負うべきであるのかが明確となりません。個人が原因の場合としては洗濯機が壊れて階下まで漏水した、異物を詰まらせてしまった、大量の水を使って水漏れしたなどが挙げられます。また、配管工事の欠陥、配管自体の劣化などの場合は管理会社側が原因となります。
もちろん、どこで水漏れが起きたかも重要な要素です。集合住宅の場合は共有部分では管理会社に責任があり、専用部分で起きた場合は使用者に責任があります。責任については管理規約によって判断されるものの、原因の特定は建物の構造なども関連してくるためその判断は複雑になることも少なくありません。
普通に生活を送っている場合においても排水管からの水漏れは起こる可能性があり、さらに大きな被害になってしまうこともあります。保険に加入してもしもに備えるのは安心して生活を送れる理由のひとつになるでしょう。

■それぞれの保険内容を把握する

排水管からの水漏れに対して保険に加入していれば使うことができます。事前に集合住宅の規約を確認しておくのがよいでしょう。
使える保険は誰の責任であるかによって異なるものです。個人に責任がある場合は賠償責任保険を適応することになります。ただし、注意点となるのは自分に原因のある損害には適用できず、あくまでも他者に与えてしまった損害に対して補償される保険であることです。単体で販売されておらず、火災保険や自動車などの保険に特約として付帯しています。このほか、賠償責任保険は管理組合で一括加入しているケースもあります。保険内容について事前に確認しておきましょう。
保険を利用する場合、どういった原因であるかによって補償内容も変わっていきます。水による被害を受けた場合、水濡れ保険と水災保険があります。水濡れ保険は、自宅の給排水設備からの水漏れによって受けた損害などを補償してくれますが、水災保険はあくまでも自然災害に対応する保険であるため、水漏れで適用されることはありません。それぞれの保険について詳しい詳細を把握したうえでの選択をしないといけないため違いについて把握しておきましょう。
もしもの時に備えておくために保険に加入することは大きな意味があるものの、肝心となるのはしっかり保証してくれるかどうかです。内容によっては不満足な結果となるかもしれません。手厚く保証してもらうことを前提と考えるのか、支払う費用を抑えたいかによって対応も異なります。水漏れに対応している保険は数多く存在するものの、だからこそ選択をするのが難しくなるといっても過言ではありません。今現在はもちろん、先々の生活まで見据えて適切な選択を行っていきましょう。

■火災保険と個人賠償責任保険の違い
火災保険は設備の不具合による水漏れに対応しているのが特徴です。水道管の凍結、上の階や隣の部屋からの水のトラブルにも対応しています。しかし、使用者に責任がある場合は適用されません。事故性が低いと判断される場合においては対象外となることも多くなります。
過失の水漏れも保証してくれるのが個人賠償責任保険の特徴です。隣の部屋や下の階に賠償責任を負う必要がある場合に多くの賠償額を支払うことになるのはいうまでもありません。集合住宅に住む以上は起こり得る可能性があると考えて保険に加入することも考えた方がよいでしょう。少ない出費で大きな安心を得られる保険といっても過言ではありません。個人賠償責任保険はクレジットカードや自動車保険、火災保険といったほかの保険に付帯されるため、補償が重複していることもあり、保険料を無駄に支払っていることもあります。その一方で、クレジットカードを解約した、自動車を処分したなどで知らないうちに解約をしてしまうことがないようにしましょう。
そして、保険会社によって内容が異なるのも覚えておいた方がよいでしょう。いざ水のトラブルが発生した場合にはまず被害を最小限に抑えることを念頭におくべきです。適切な対応をして問題なく水を使用できる状態にするのが肝心であるとともに、もしもの場合に備えることも大切です。現実問題として起こり得る可能性があるからこそ、水のトラブルが発生した場合に考えればよいと考えるのは間違っています。大切な選択となるからこそ、それぞれの保険の詳細を把握したうえでの選択を心がけるようにしましょう。排水管からの水のトラブルを完全に防ぐのは難しく、事前に想定しておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ