排水管が水漏れしてしまう原因は

排水管の水漏れには、さまざまな原因が考えられます。その原因に合わせて修理も考えていかなければいけませんが、なかなか見つけ出せないのも実情でしょう。常に水を流すわけではなく、使ったときだけ流すため、判断が難しいのが問題です。

■経年劣化による問題

排水管から水漏れを起こす原因は、劣化が一番多いでしょう。配管は常に使われているだけではなく、時間とともに劣化してしまう場所です。ひびが入ったりすることもありますし、パッキンが劣化して水漏れの原因になることも珍しいことではありません。劣化するといっても、普段から目につかない場所に設置することから、状態の確認はなかなかできません。気が付いたときには、大きな問題を抱えていることも出てくるため、水漏れの発見が遅れます。



■汚れの付着による劣化

もうひとつの原因が、汚れにあります。劣化につながる部分でもありますが、汚れの蓄積が原因となってしまいます。異物による汚れによって、配管が劣化してしまうケースもありますし、腐食させてしまうことも出てくるでしょう。さらに、異物がつまったことで、流れなくなり水漏れしてしまうこともあります。排水管の設置位置などにもよりますが、汚れは完全に防げません。被害が広がってしまわないように早めの修理が必要でしょう。




■まとめ
排水した時にしか起きませんが、いろいろな要因が複雑に絡んだりする場合もあるため、メンテナンスをすることが大切です。メンテナンスをすることによって、耐久性の低下も防げます。水漏れを起こすと問題はどんどんと大きくなってしまうため、早めに修理を考えておかなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ