ディスポーザーはどんな機器?排水管のつまりの心配は大丈夫?

■ディスポーザーって何?

ディスポーザーをキッチンに導入する家庭も増えてきました。生ごみを可燃ごみとして処理する手間が省ける装置なので、日ごろ忙しく過ごしている現代人の心強い味方になってくれます。本来生ごみはシンクに流すと排水管のつまりトラブルを引き起こすので流さないことが水のトラブル予防になります。ディスポーザーは生ごみをそのまま捨てることが出来る装置としてシンクに搭載されます。
広く一般的に普及しているとは言い難いもの、比較的新しい賃貸物件などで導入しているケースが徐々に増えています。気になる仕組みですが、排水口部分に生ごみを細かくする装置が入っています。ここに生ごみを入れると装置が作動して生ごみを細かく砕きます。そのまま排水管を通って下水まで流れていきます。
生ごみを出さずにすむ装置なので、例えば気温が高くなる季節は生ごみのニオイに悩まされることがなくなりますし、魚の骨のような硬いものも砕いてくれるので魚料理の後処理が面倒という悩みから解放されます。特に生ごみのニオイ悩みから解放されるのは大きなメリットといえます。硬いものはOKと言っても貝殻のような硬いものは使用できません。
いくら細かく粉砕するとしてもなぜ生ごみを流してOKなのか、その理由は下水に浄化槽があるためです。浄化槽に溜まった生ごみは微生物が働いて処理してくれますので、排水管がつまるなどのトラブルを起こすことはありません。
ただし、万が一つまりトラブルが起きてしまった場合は状況が悪化する前に専門業者を呼んで状況を見てもらい、必要ならば修理を依頼しましょう。

■ディスポーザーに入れてはいけないものがある

排水管のつまりは水トラブルの中でも起こりやすいため、ディスポーザーを使うときも色々気になることがでてきます。生ごみを流してもいいといってもすべての生ごみに使用できるわけではないので、排水管のつまりトラブルを招かないためにもトラブルの元となる原因を知っておきましょう。
ひとつは繊維の多い食材です。玉ねぎの皮や枝豆の皮などを単品で入れてしまうと中で絡まってしまいます。つまる原因になりますので排水口に入れるときはほかのものと一緒に入れるように気を付けましょう。
また、硬すぎるものもNGです。魚の骨程度の硬さなら問題ないのですが肉の骨のように大きくて硬いものは中に入れないで生ごみとして処分しましょう。そのほか、サクランボやアボカドの種や、コーンの芯なども生ごみとして捨てます。硬いものをそのまま入れてしまうと機器の故障に繋がります。
そのほかにも、柔らかすぎるのも逆に粉砕できないので注意しましょう。例えば鶏肉の皮や餅などもつまる原因になります。
これらはつまってしまう原因だけでなくディスポーザーが故障する原因になることもあるので、三角コーナーはそれら流せない生ごみ用としてこれまで通り設置しておくことをおすすめします。
ディスポーザーはとても便利ですが、排水口に設置している機器なのでトラブルが起こると水が流れないだけでなく、場合によって汚水が逆流してくる恐れもあります。もしもつまってしまったときは強引に機器を動かそうとせず、中のゴミを一旦取り出し機器に絡まったものを取り除くなどの処置を施しましょう。

■排水管がつまったらどうすればいいのか
急にディスポーザーが使えなくなったときは、排水管などにつまりトラブルが起きている可能性があります。スイッチを入れたのに動かない、動いてはいるけれどこれまで聞いたことがない音がするなど、いつもと違う状況が見られるときは注意しましょう。よく見ると、作動しているのに生ごみが粉砕されていないといったトラブルもあります。
ディスポーザーそのものが故障している場合は修理が必要になりますので、修理専門業者に問い合わせてトラブルを解消してもらいます。
業者に連絡を入れる前に、自己処理ができるケースもあるので試しても良いでしょう。例えば、本来使わなければならない蛇腹ホースより細いタイプを使うとつまってしまいます。ディスポーザーにあった蛇腹ホースに変更しておきましょう。
また、トイレのつまりトラブルでよく使われるラバーカップを使うことでトラブルが解消されることもあります。これは原因が軽いものなら処理出来る可能性があります。
ワイヤーを使う方法もあります。ワイヤーの先につまりの原因となっているものに穴をあける道具ですが、使うためにはコツが必要になります。ワイヤーを入れて進まなくなった場所につまりの原因がありますのでそこで作業を行います。こちらも初めて使う方は少々苦労することもあるでしょう。
市販されている洗浄剤を使うのもひとつの手段ですが、薬剤の洗浄力が弱いと効果がない可能性もあります。可能であれば業者が使うタイプが効果的ではあります。しかし扱いに慣れておらず使うのが怖い場合は、無理せず修理業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ