台所などの排水管で起きやすい水漏れは原因を見つけるところから

■シンクの下をのぞくところから

キッチンは、食器や食材を洗うためのシンクがセットしてあります。シンクで使われた水は、排水管を使って排出していきますが、いつでも健全に使えているとは限らず、水漏れなどトラブルを起こしてしまう場合もあるでしょう。使用頻度が多いからこそ、どこで問題が起きていたとしても、素早く修理が求められます。
トラブルが起きたら、どこに原因があるのか探し出して対処法を検討する必要があるでしょう。水漏れしているところから、なにが問題だったのかを調べていきながら、原因を追究します。同じ水漏れでも、キッチンとほかの設備では違いがあったりするため、原因に合わせた修理方法を取る必要があります。
いろいろなポイントがありますが、つなぎ目はどうしても水漏れする可能性が高い場所です。シンクの下をのぞいてみると、排水管が取り付けられているのがわかります。判別しやすい場所で、シンクのほうから水が漏れているなら、このつなぎ目をチェックしなければいけません。チェックするときには、排水管の中は常に水で満たされているわけではないので、水道の蛇口を少しだけひねり、漏れてきているかどうか確認するのがポイントです。漏れてきている部分をきれいに拭いておき、水を流したときに変化があれば、原因に近づいています。
原因を見つけるときには、流れたあとにできる変化も見落とさないようにするのがポイントです。水にはいろいろなものが含まれており、蒸発したとしてもなんらかの跡が残ります。白いあともそのひとつで、水に含まれているミネラル分が蒸発せずに残されるからです。こうした状況を見つけたときには、水が流れていなくても、水漏れの可能性を疑ってみるといいでしょう。トラブルとして大きくなる前に、対処をスタートできるからです。


■つなぎ目は要注意ポイント

排水管には、さまざまなつなぎ目がありますが、そのままではわずかなものでもすき間ができやすく、水漏れしてしまう可能性が出てきます。そこで、パッキンを使って漏れ止めしてあります。さまざまな場所に使われているのは、弾力性の高いゴムで間が埋められるからです。問題は、排水管本体に比べて劣化が早いところで、定期的な交換が必要になります。一度劣化してしまうと、弾力性が元に戻ることはなく、固くなって変形しすき間を作り出してしまうからです。対処方法は新しいものに取り換えるしかないため、トラブルに発展する前に新しくしてしまうというのもいいでしょう。
交換するときには、場所によって方法が変わってきます。挟んでいる場所がわかっていれば、部品を外してしまえば取り外せます。内部に使われており、外側から見えないなら、その部分を分解するなどの作業も必要です。配管を解体するなど大掛かりな方法が必要なところもあるため、はっきりとわからない場合には無理は禁物です。
自分で部品を交換する際の注意点は、必ず同じものを用意することです。形状が同じように見えても、わずかに大きさが違ったりすれば正確にすき間を埋められなくなりますし、はまらないといった事態も起きるでしょう。そうなると水漏れは止まらず、トラブルが続いてしまいます。ホームセンターなど直接購入できる場合には、外したものを持っていき同じ品番の物を購入するのが確実な方法です。

■配管本体やナットのチェックも
排水管の水漏れは、パッキンに原因があるだけではありません。排水管の配管を見たら亀裂が入っているという場合もあります。配管にもさまざまな素材が使われていますが、排水管には塩ビ管が良く使われています。塩ビ管は加工もしやすく扱いやすいのが特徴で、圧力のかかりにくい排水管にもぴったりです。その反面、温度変化には強くありません。熱湯を流していたりすると、やがて劣化が進み割れてしまうような事態も起こります。ひび割れてしまうと、大量に漏れだす可能性があるため、早急に交換が必要です。
配管同士をつないでいる場所は、動かないように固定が必要なため、さまざまな方法が使われています。袋ナットなども方法のひとつですが、うまく締まっていないとすき間ができてしまう可能性があり、原因のひとつになる場所です。緩んでいるだけなら解決方法は簡単で、締め直すだけで漏れが止まります。専用の工具が必要なこともありますが、まずは正常な状態なのか確認してみるといいでしょう。
締め付けるときには、適切な強さで締める必要が出てきます。強く締めても漏れが止まるわけではなく、ねじ切ってしまう可能性が出てきます。そうなると、ナットの役割を果たせなくなるため、締めすぎには注意が必要です。
ねじ山には、シールテープなどの漏れ止め処置をしておくのも忘れてはいけません。ねじ山自体がすき間になる可能性があり、密閉するために使われるのがシールテープです。しっかりと巻き付けていくだけですき間を防止できるため、自分で修理する際には忘れないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ