排水管の水漏れトラブル

排水管の水漏れトラブル 家庭内にはさまざまな水道を使う設備があります。台所をはじめとして、お風呂場もありますし、生活に欠かせないトイレも重要です。どの場所であっても、水を使えば排水をしなければいけないでしょう。排水するためには、専用の排水管が備え付けられています。家庭内でも水道管と排水管はセットになっている存在です。この排水管もトラブルを起こすと、大変大きな被害を発生させることになります。排水管が水漏れを起こすときには、さまざまな条件が重なっています。水道管は給水するために圧力をかけて送っていますが、排水管は流すための設備であり、圧力はかかっていません。常に水も流れていない場所なのですから、水を流した時だけ水漏れが起きる場所となってきます。

■発見が遅れやすい理由

排水管は、いろいろなところに使われている設備です。問題点としては、なによりも排水するための設備であるといえるでしょう。水漏れが起きている状況を考えると、その水は汚水であり、水道管のようにきれいな水ではありません。漏れてくることによって、周囲を汚してしまうだけではなく、衛生上の問題も出てくることを忘れてはいけません。汚水を流す設備であることからも、水漏れをしている状態のまま放置することができない以上、早期に修理をしていかなければいけません。ところが、水道管のように大量に漏れたりすることがないことから、どうしても発見が遅れてしまいます。これが被害を拡大してしまう原因と言えるでしょう。

■異物がつまってもトラブルになる
排水管が取り付けられている場所を考えてみると、その被害がどんなものになるのかが見えてきます。水を多く使うところとしてキッチンがありますが、食器を洗った水などを排水として流しているのが排水管の役割です。汚れとしても決してきれいなわけではなく、異物が流れてしまうこともあるでしょう。異物が流れるということでは、これがつまってしまう可能性を考えておかなければいけません。異物によってつまってしまうだけではなく、配管の劣化を早めてしまう場合も出てきます。間接的には水漏れにつながる部分でもありますし、あふれだして水漏れにつながることもあるのですから、修理をする必要があるでしょう。

■排水管の水漏れはわかりにくい

目につかない位置にあることから、水漏れを起こしているかどうかは、判断が難しいところがあります。目に見えない位置に配置されることが多いためで、気が付いたら何か異臭がしてきたりして気が付くことが多いでしょう。音などで判断できる場合もありますし、外の配管は土が濡れてきたことでわかることもあります。水漏れがはっきりとわからないようなときでも、異変を感じ取っている場合には、調査をしてみるのがおすすめです。衛生的な問題を考えれば、専門業者に依頼して調査をし直すほうがいいでしょう。長引かせても、根本的な解決ができるわけではありませんので、早期に解決できる手段も必要です。

■まとめ
起きてしまっているトラブルは、できるだけ早めに修理するということが鉄則です。水道管のように、水道代がかさんでいくことはありませんが、排水の異臭がし続けることは、精神的にもいいことではありません。給湯器 修理など素人が対応しにくい部分もあるため、手が出せないようなときには、できるだけ早く専門業者に依頼することを検討するべきです。汚水を流していくことになるのですから、いろいろな影響を与えてしまいます。補修手段もいろいろとありますが、根本的に解決できないことも出てきますので、素人判断で考えずに、完全に修理してしまい、安心して生活できる環境を作るといいでしょう。その参考になれば幸いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース